2018/11/30
社員インタビュー

有村直哉

和菓子の世界からエンジニアに転身した僕がakippaを選んだ理由

 

 

こんにちは!広報インターンの熊澤です!明日からお盆休みの方も多いのでは?

今回は大阪オフィス/開発チームでエンジニアをされている、有村直哉さんにお話を伺いました!

 

akippa入社のきっかけを教えてください

元々情報システム専攻の高校出身で、高校卒業後に家庭の事情で辻製菓専門学校に通ったのですが、やはりIT系の仕事に就きたいと思い、卒業後そのまま大阪でIT業界に入りました。

転職にあたって他社からも声をかけていただいており、正直途中まで迷っていましたが、最終面接で聞いた、金谷社長の「なぜ駐車場が必要なのか」という話が最後の決め手になりました。

地方のおばあちゃんが「移動」の問題で、会いたい人に会えなくなっている、楽しみにしていた買い物に行けなくなっているという話で、人と人が会うきっかけを作ることのできる「駐車場」に可能性を感じました。

前職はakippa同様自社開発のクラウド勘定系サービスで、サーバー対応のエンジニアでした。今まで携わってきたサービスは、ユーザーの「感謝の声」を直接聞けるサービスではありませんでした。akippaはユーザーに近く、リアルとITとつなぐサービスなので、新しい挑戦をしようとの思いで、入社を決意しました。

 

今までのキャリアを教えてください

 

 

組み込み系エンジニアから、エンジニアとしてのキャリアを出発させました。

携帯電話やカーナビなど、中にあらかじめシステムが入っている機器のシステム側を開発する仕事です。現在のソフトウエアと異なり、後からの拡張が許されず、フルスペックの状態での出荷が前提だったため、スケジュールがかなりタイトでした。作業時間の長さ、働き方が自分に合わないと感じ、組み込み系でない言語にチャレンジしようと思い始めました。

独学でウェブ系言語を学び、ウェブ系エンジニアに転身したのは、環境の変化という意味だけでなく、自分のキャリアで大きな転機でしたね。

ウェブ系エンジニア、楽しいですね。

今思うと、私は自分の書いたコードがダイレクトに反映される、ウェブ系が性に合っているのかもしれません。インフラはクラウドサービスを利用しているので、メンテナンスが簡単ですし、業務も裁量をもって取り組めるところも魅力です。

 

入社前後でakippaにギャップはありましたか?

良い意味でギャップはありませんでしたね。akippaのシステムは初期からの機能拡張が多く、そのために技術的負債を抱えている状態で、まだまだ改善の余地があります。いま行っているシステムの移行作業を含め、さらなるサービス向上のため、体裁を整えている段階です。

 

現在の業務を教えてください

akippaのシステム全般のサーバーサイドの開発を担当しています。また、iOS、Android(TM) 双方のアプリ開発も担当しています。アプリを修正すると、同時にウェブも修正する場合もあるので、その際はアプリとウェブの両方を担当するなど、幅広く業務を行えています。

 

入社して一番やりがいを感じたことはなんですか?

入社して一番やりがいを感じたのは、Webアーキテクチャの部分リニューアルを推進していこうとなった時の基本設計を担当したことです。今までの自分のエンジニアキャリアの集大成を発揮することができたと感じています。

先程も述べましたが、現在akippaでは、Webアーキテクチャのリニューアルを進めています。その際、既存アーキテクチャとの兼ね合いで、「どのように移行するのか」等、開発チーム内で設計の思想を共有する必要があります。システム設計の考え方、そしてチームを巻き込む経験が、自分の糧になりましたね。結果として、チームにも貢献できたかなと思います。

プログラミングの醍醐味は、論理パズルやクイズを解いた時のような達成感を味わえることです。自分で描いた構想をやり遂げたときの達成感、これはなかなか味わえないのではないでしょうか。

 

開発チームはどんなチームですか?

 

 

常に「プロダクト目線」でチームを率いるマネージャー、塩尻さんを中心に、チームの土台がかなりしっかりしています。だからこそ、この規模のサービス運営を少人数でもやっていけていると感じます。今まで数社経験し、私自身もマネジメントを経験したことがありますが、塩尻さんは群を抜いて素晴らしいマネージャーですね。場当たり的な解決策ではなく、プロダクトの未来を見据えた判断を下すのは、簡単にはできない事だと思います。

また、抜群の安定感を誇るチームメンバーも開発チームの強みですね。何でもこなせて、かつチームで動く安定感がある方が多いです。

働き方としては、個人の裁量が大きく、働きやすい会社です。残業を奨励する社風もないので、家族との時間を大切にできます。

 

どんな人と一緒に働きたいですか?

まずは、尖った技術を持っている方ですね。

今後akippaが大きくなるにつれ、AIを活用する必要性も出てくると思います。そんな時、AI関連に強みを持つエンジニアがいると心強いですね。また、今後よりアプリに力を入れていきたいので、アプリに特化した方も歓迎です。

技術面のほかには、常に全体最適を考えられる方でしょうか。

視野が広く、安定感があるエンジニアはチームで動く際に非常に重要です。その集大成が村上さんです。何事もパーフェクトにこなし、かつ安定感があって、チームのために動ける方ですね。

新しいことに挑戦し道を切り拓いていく人、そしてその道を抜群の安定感で踏み固めていく人、双方でより強い組織を作っていきたいですね。

 

今後挑戦したいことを教えてください

 

 

いまは個人の勉強の意味も含め、アプリをどんどん改善していきたいですね。

そしていずれは、「akippaにしかない技術」を見つけたいです。akippaは「駐車場を予約する」という仕組みを普及させたからこそ、エンジニア観点でその仕組みから派生した「新技術」を世の中に残したい、その一端を担うエンジニアになれればと思います。

← 社員インタビュー一覧に戻る