塩尻晋也

大手SIerのプロマネがなぜakippaにJOINしたのか?その理由を探る!

 

 

akippa株式会社に入る前

■akippaに入る前はどのようなお仕事をされていましたか?

塩尻:システムインテグレータである、NTTデータという会社に在籍していました。いろいろなことをやっていましたが、主な仕事はお客様とシステム開発をつなげるマネージメント役、いわゆるプロジェクトマネージャです。その前職も独立系システムインテグレータに在籍していたのですが、システムエンジニアをやっている中で経験を重ねていくと、リーダーやマネージャとしての仕事が多くなり、その道(マネージメント)を追求したいと思うようになりました。

■なぜエンジニアという職種を選んだのでしょうか?

塩尻:文系出身なのですが、大学時代にPCに触れ、漠然とIT関連の仕事に就きたいなぁと思うようになりました。当時はSIが全盛の時代だったので、そこにシステムエンジニアで入社する道を選びました。

■akippaのどこに魅かれて入社を決められたのでしょうか?

塩尻:システムインテグレーションは基本的に他社向けなので、これまでは自社のプロダクトを育てていくという経験がほとんどありませんでした。自らが考え、自社を育てていくという経験が出来そうで、事業内容が一番おもしろいと感じたakippaに入社を決めました。また、元々ユーザーとしてakippaサービスを知っており、大阪の会社とは知らずに初めてサービスに触れた時、「流行りのシェアリングエコノミーの中でも面白そうだな」と感じたことも決め手の一つです。関西で腰を据えて働きたいと考えていた時に紹介を受け、迷わず入社しました。

■akippaでどのようなことをしたいと感じたのでしょうか?

塩尻:akippaに入った理由と同じですが、これまでの経験をベースにして、自社プロダクトを育て、自社を発展させていく部分に携わっていきたいですね。入社間もないですが、そこに垣根はないと感じています。

 

現在

■akippaでは、どのような部署で何をされているのでしょうか?

塩尻:開発チームで、現時点ではマネージメントを中心に仕事をしています。

■どのような部分にやりがいを感じますか?

塩尻:まだまだ整理されていないことが多いので、形を作っていくプロセスを楽しむことと、チーム自体のポテンシャルの高さを強く感じているので、ポテンシャルをいかに100%以上にしていくかを自ら考えることは非常にやりがいを感じます。

■実際にakippaで働いてみて、どのような部分に前職との大きな違いを感じられましたか?

塩尻:大げさに言うと違いしかないですね(笑) 具体的な例としては、大手企業は個人ではなく組織としての意見を重んじますが、ベンチャーでは自らの主張を前面に押し出していく必要を感じますね。役割で言うと、大手では与えられるもので、ベンチャーでは自ら作っていくものといった感じでしょうか。 あえて大手企業の良いところを言うと、人事制度や人の受入手順はもちろん、PCのセットアップ方法・オフィスルール・申請手続きなどがきっちりと体系化されているところですね。在籍している時は恩恵を受けていることに気づかないのですが、離れてみると良いところだと気づきました。

 

akippa株式会社について

■akippaとはどのような会社でしょうか?

塩尻:Uber・Airbnbに次ぐシェアリングエコノミーサービスを提供している会社だと思います。業界の中でもメディアの露出等含めて結構な存在感があると感じています。入社して感じたことは、営業が強い。さすが営業を母体とした会社だと感じました。

■akippaにはどんな人、チームがいますか?

塩尻:開発・営業・マーケティング・カスタマーサポート・管理部とあり、役割ごとに分かれているものの、すぐそばにいるので直ぐにコミュニケーションが取れますね。

■社内の雰囲気はいかがでしょうか?

塩尻:平均年齢が若いこともあり、元気ですね。スタートアップらしく荒削りなところもありますが、そういうのは嫌いじゃありません(笑)

 

今後どういうことをしていきたいか

■akippaをどのようなサービスにしていきたいですか?

塩尻:「なくてはならぬ」を駐車場サービスで実現することを目標として、個人的な妄想を語ります(笑) 例えば、車に乗ってカーナビで目的地を設定した時点で、必要なakippa駐車場が予約される。それがドライバーに意識させないレベルになれば「なくてはならぬもの」になっていると思います。それを実現するファーストステップとしては、駐車場予約=akippaの構図を作ることだと考えており、会社としては分母(駐車場数)の拡大に躍起になっている状況ですね。開発チーム観点では、それをいかにドライブ出来る仕組みを提供するかだと思っています。